とても大事な自律神経と呼吸についてのお話です

 

(1)自律神経について

私たちの体の中の内臓や体温、呼吸といった機能は、自律神経によって管理されています。

自律神経は交換神経と副交感神経の2つに分けられ、それぞれ以下のような作用があります。

 

    【交換神経】  【副交感神経】

(心臓  心拍数増加    心拍数減少

(胃腸) 弛緩、排泄中止  活動、排泄

(眠り)   浅い      深い

 

(2)呼吸と精神

深いゆったりとした呼吸(主に腹式呼吸)をしているときは、副交感神経が優位になります。

副交感神経は休息の神経ですから、心と体はリラックスした状態になります。

反対に浅くせかせかした呼吸(胸式呼吸)のときは、交感神経が優位になります。

 

リラックスできる呼吸法

 

交感神経優位の状態が長く続くと、心も体も緊張した状態が続きます。体が固くなり、精神的にイライラしたり、不安になったりします。夜になっても交感神経が優位の状態が続くと、眠れなかったり眠りが浅くなってしまいます。

そんな時は、意識的に深くゆったりとした呼吸(腹式呼吸)を心がけると、自律神経が交感神経優位から副交感神経優位になり、良い睡眠をとることができます。

サンパーク整体で受けれるリラックス効果や呼吸を高めるメニュー